ミュージアムガイド(マニラ湾周辺)

■フィリピン国立美術館(The National Art Gallery of the Philippines)

  フィリピンの国立美術館。国立博物館の一部だったアート部門が2007年に独立し現在の場所に移転。展示室は19世紀のフィリピン画家を代表するルナ、ヒダルゴの部屋、ナショナルアーティスト達の部屋、フィリピン国歌の歌詞から抜粋したフレーズをテーマにし、インスタレーションなどコンテンポラリーの作品を展示した部屋などの7室に分けられています。 

 

住所:The National Art Gallery of the Philippines

         Taft Avenue cor. P.Burgos Street

電話番号:+(63-2)-527-1215 又は -527- 0278

休館日:毎週月,火曜日   

時間:10:00 a.m. – 4:30 p.m.

■マニラメトロポリタンミュージアム(Metropolitan Museum of Manila)

  フィリピンのモダン/コンテンポラリーアートを中心に紹介する。マニラ湾沿いロハス通りのもと中央銀行だった建物がミュージアムとして利用されている。一階の大きな展示スペースでは大掛かりな企画展が行われ、2階はエダディス、キューコック、レガスピなどフィリピンモダニズムを代表する作家の常設展のエリアと、さまざまな企画展が開催されるスペースがある。地下は中央銀行の植民地以前のフィリピンの黄金の装飾品や土器等、中央銀行のコレクションが展示されている。 

 

住所:Bangko Sentral ng Philipinas Complex, Roxas Boulevard, Manila

電話番号:(63-2)-708-7829

休館日: 毎週日曜日、祝祭日 (B1展示室は土曜日も休み)

時間:9:00 a.m. 〜 6:00 p.m.  (B1展示室は4:30 p.m.まで)

■CCP ミュージアム (The CCP Museum)

  フィリピィン文化センター(Cultural Center for the Philippines)内にあるミュージアム。社会文化的な視点からフィリピンアートの流れを見せる展示とアジアの国々の楽器のコレクションの二つの常設展の他、企画展の展示スペースが数カ所ある。劇場ロビーや通路などでも展示が行われて、他のギャラリーが企画した展示も行っている。

 

住所:Roxas Boulevard, Pasay City

電話番号:+(63-2)-832-5094,832-1125 ext.1508

休館日:毎週月曜日

時間:10:00 a.m. 〜 6:00 p.m.

URL:www.culturalcenter.gov.ph


■GSISミュージアム(GSIS Museo ng Sining)

 国家公務員の保険会社GSISの本社ビル内に1996年に設立されたミュージアム。アモソロ、ルナ、カルロス・フランシスコ、ヴィンセント・マナンサラ、HPオカンポなどのナショナルアーティストやフェデリコ・アルカスのタペストリーシリーズや著名作家の常設展示の他、若手作家を奨励するため毎年公募展「GSISペインティングコンペティション」を行い、その入賞者の作品も展示してある。

 

住所:Public Relations Facilities Department, Level2 Core D,

        GSIS Bldg. Finacial Cneter, Roxas Boulevard, Pasay City 

電話番号:+(63-2)-551-1301

休館日:毎週日曜日, 月曜日

時間:8:00 a.m.〜12:00 p.m. 1:00 p.m.〜4:30 p.m.  

URL:www.gsis.gov.ph